吉井久夫(ダイニチ工業・社長)がカンブリア宮殿で年収や経歴をwikiに!ホワイト企業で話題だけど評判は?

おはようからこんばんは!オモナガです。

冬には欠かせない暖房器具ですが、

その1つである石油ファンヒーターを

置いている自宅も多いのではないでしょうか。

今のファンヒーターはわかりませんが、

私が昔使っていた物は、

運転ボタン後に点くまで少し時間がかかるんですよね。

あの待ち遠しい時間が、割と好きでしたw

最近、乾燥の方も気になりますが、

寒さ対策もしっかりしないとですね(;’∀’)

1/31(木)放送のカンブリア宮殿では、

石油ファンヒーターでは業界トップの

ダイニチ工業社長の吉井久夫さんが紹介されます。

年収や評判など色々調べてまとめてみました。

是非、興味を持って頂けたら嬉しいです^^

もくじ

吉井久夫社長のwikiプロフィール

吉井久夫社長の年収とは?

吉井久夫社長の経歴とは?

ダイニチ工業がホワイト企業で話題だけど評判は?

カンブリア宮殿の記事は、こちら!

  手代木功(塩野義製薬・社長)がカンブリア宮殿で年収や経歴をwikiに!妻や息子も!

吉井久夫社長のwikiプロフィール

出典:https://www.tv-tokyo.co.jp

名 前  吉井久夫(よしいひさお)

生年月日 1947年1月15日

出 身  大阪府布施市(東大阪市)

最終学歴 芝浦工業大学

とても若く見える吉井久夫さんですが、

1947年生まれなので、72才になるんですね!

仕事が元気の源になっているのでしょうか。

吉井久夫さんが社長を務めるダイニチ工業は、

石油ファンヒーターの販売台数が10年以上にわたり、

国内主要家電量販店で業界トップなんですね!

日本のものづくりは業界が悪化しているとの事ですが、

まだまだ元気のある企業があって嬉しいです^^

吉井久夫社長の年収とは?

出典:https://www.dainichi-net.co.jp/

新潟県新潟市に本社を置くダイニチ工業株式会社は、

東証1部上場企業で、2018年の売上高は201億円。

営業利益は8億9千6百万円と好調のようです!

家庭用石油ファンヒーターでは、

大手家電メーカーが撤退したことでシェアが上昇!

2013年以降は加湿器においてもシェアが首位になるなど

かなり調子の良い状態が続いてます^^

ファンヒーターって、寒い時期にしか使わないから

その頃の売り上げはどうなってるの?

と疑問に思われた方もいますよね。

ダイニチ工業は、1月から9月まで同じペースで生産する

「平準化生産」を行います。

そして、販売時期の10月~12月の3カ月で、

市場の動向を情報収集して

12月末に在庫をなるだけゼロに調整する

「ハイドーゾ(はいどうぞ)生産方式」を行ってるそうです。

売れる自信があるからこそ、出来る生産計画ですよね(;’∀’)

出典:http://www.g-mark.org/

2018年の石油ファンヒーターでは

[FW-SGXタイプ]がグッドデザイン賞を受賞するなど

性能以外でも評価されてるんですね!

温風吹出口フラップが回転可動する設計は個人的には好みですw

最近のファンヒーターって凄く進化してるんですね(;’∀’)

続いては、販売シェア1位の

HD-RXシリーズの加湿器です。

何でも5年連続メーカー販売シェアNo.1なんですね!

動画をご覧ください。

私も加湿器を使っているのですが、

音がちょっとうるさくて困ってます…

このRXシリーズほしくなりましたw

さて、前置きが長くなりました汗

吉井久夫さんの年収を確認してみたところ、

9名の取締役報酬が、1億7千2百万円でした。

恐らく吉井久夫さんもこの中に含まれてると思われます。

これだけ成果をあげている会社なら納得ですね^^

スポンサードリンク

吉井久夫社長の経歴とは?

大阪府出身の吉井久夫さんは芝浦工業大学を卒業後、

1964年に実家の吉井電気店に就職しました。

しかし、

「暖房機器製造会社が電気分野に詳しい人を探している」

と知人の社員に誘われたのがきっかけで、

興味を持った吉井久夫さんは25歳でダイニチ工業に転職しました。

当時は80人も満たない会社だったそうで、

資材調達から電気回路設計など何でもこなしたそうですね。

そう考えると、吉井久夫さんが入って

従業員などが一丸となり、頑張ったおかげで

今のダイニチ工業があるといっても過言ではないですね^^

ダイニチ工業がホワイト企業で話題だけど評判は?

ホワイト企業で話題のダイニチ工業は、

500人以上いる社員はほぼ全員が正社員なんですね!

また、残業を極力減らしてほとんど17時半に退社!

平成28年度のデータでは平均年収516万円と

かなり好条件のようです…

まさに理想のホワイト企業で驚きですね(゚Д゚;)

フレックスタイムの導入もされてる部署があり、

福利厚生もしっかりしていて、

女性社員は少ないものの、働きやすい環境とのことです。

転職して後悔された方もいたそうですね!

もちろん口コミの情報なので、一部相違があるかもしれませんが、

働いてる方の満足度は平均的に高めだと感じます。

スポンサードリンク

ダイニチ工業と吉井久夫社長についてのまとめ

ダイニチ工業は10年以上売り上げが好調のため

吉井久夫社長の年収額は1億円以上でした。

大学を卒業後、実家のお店で働いていましたが、

知人の紹介でダイニチ工業に転職、

資材調達や電気回路設計など何でもこなして

今のダイニチ工業を築き上げた立役者だったんですね!

経営の好調なダイニチ工業は、

従業員もほぼ正社員で構成されていて

福利厚生や給料なども悪くないようです。

調べたことは、以上になります!

ものづくりを頑張っているだけではなく、

従業員も働きやすい環境というのも凄い会社ですよね。

日本のものづくりは、まだまだ頑張れそうです^^

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする