山梨県にある標高1400mのポツンと一軒家の場所は晴雲坊36丁!放送ネタバレ

おはようからこんばんは!オモナガです^^

8月18日日曜放送のポツンと一軒家では、

山梨県にある静岡県との県境近くの

山の中の一軒家を取材するんですな!

何でも、その家は

標高1400mのところにあるそうなんだ汗

標高の高いところにお寺とかある場所は知ってるけど、

一軒家でもそういうところがあるのかな?

気になる場所も含め、

今分かる限りの情報を集めてまとめてみました!

スポンサードリンク

ポツンと一軒家の内容

静岡県との県境近く山の真っ只中に屋根がかろうじて見える一軒家を発見。林は衛星写真を見るや「これは埋もれましたねえ…」と驚くばかりだ。沢村は、「動物を飼っているのでは?」と林も驚く推理を働かせるのだが…。本仮屋は「陶芸をされていそうな雰囲気ですよね」と予想するが、所は「これは道も全く見えないですし、なかなかたどり着けないパターンでは?」とポツンと一軒家までの“困難な道のり”を想像していた。

山間ながら人通りもあり建物も立ち並ぶ最寄りの集落へとたどり着いた捜索隊。早速、タクシーのドライバーを見つけて、話を聞いてみることに。衛星写真を確認してもらうと、「あっ、分かりました!」とまさかの展開。

さらに捜索隊が行き方を確認すると、建物までは車で行くことはできず、急傾斜の山道を歩いていくしかないという。しかも「2時間は間違いなくかかる」とのこと!なんと目指す家は頂上に近い標高1400mの位置にあると分かる。腹をくくった捜索隊は車を降り、徒歩で一軒家を目指す。

引用:https://www.asahi.co.jp/

予告のポイントはこんな感じですね。

  • 一軒家は山梨県にある静岡県との県境近く。
  • 建物までは車で行くことができず、急こう配の山道が多いところ!
  • 歩いて2時間は間違いなくかかるんだとか。
  • 目標の家は標高1400m!結構高いよね。
  • 番組では天然記念物の「ある野生動物」と遭遇してます!

予告動画にあったけど、この動物かな?

こちらが画像になるよ。

出典:https://www.youtube.com/

この動物はカモシカにとても似てますな!

30都道府県に棲息していて、

山地とその周辺に生息しているというので、

運よくみれたようだね!

スタッフさんは持ってますな(´∀`)

スポンサードリンク

山梨県にある標高1400mのポツンと一軒家の場所は晴雲坊36丁!

今回取材されるのはこちら、

晴雲坊36丁と呼ばれる場所の近く!

住所は山梨県南巨摩郡早川町赤沢1343になってるよ。

こちらが航空地図。

晴雲坊36丁って何?

どうやら日蓮宗本妙山法善寺の説法、

七面山登詣」を目的として作られた休憩場とのこと。

そのルートに関して詳しく書かれたサイトがあったので、

一部引用です。

表参道入り口は、春木川にかかる羽衣橋の西詰め。

対岸に見えるのは、徳川家康公の側室「お万の方」が

身を清めて七面山の女人禁制を解いたといわれる「白糸の滝」です。

杉木立の中を行く登山道はかなり登り甲斐いのある道。

日蓮宗の聖地として名を馳せるこの山には、

お題目を唱える白装束姿の信者たちが行き交い、

山の神聖性を深めます。

参道には、2丁目・13丁目・23丁目・36丁目と、

4ヶ所に坊があり、休憩する事ができます。

初めの 2丁目の神力坊を経て、

13丁目肝心坊までは50~60分、

13丁~23丁目中適坊(標高約1100メートル)までは40~50分、

23丁~36丁目晴雲坊までは40~50分、

36丁~50丁目までは50~60分です。

敬慎院(標高約1710メートル)までは合計標高差1205m、

更に七面山々頂(標高1989メートル)までは標高差279m。約60分

引用:https://honmyouzan.houzenji.nichiren-shu.jp/

なかなか大変そうなコースだな~…

オモナガなら2丁目ですぐバテて帰ってしまうかも笑

スポンサードリンク

ポツンと一軒家の放送後ネタバレ

現地についたポツンと一軒家スタッフ。

やはり登山道を通って、徒歩で!

晴雲坊36丁目を目指すことになったね。

途中、強力とよばれる高齢者登山客の

下山の手伝いをする方が横切ったり、

途中の坊にいる方や登山客と会話したりしました。

因みに、下山の運賃は

30万円かかるんだって!

命がかかってるとはいえ、

めっちゃお金かかりますな汗

何事もなくスタッフは無事36丁に到着。

そこには坊守をされている

鈴木ひとみさん68歳

その母である鈴木ちえこさん94歳がいました。

ちえこさんは山道を歩いて下山して

通院などもされるとのことで、

足腰が丈夫でホントすごいよね!

長生きの秘訣は登山者との交流で

とても元気になるそうなんだね。

確かに元気がもらえそうだ。

2人は休憩所兼住居として46年間

その場所ににいるそうなんだね。

住めば都になるのかな~。

坊では飲料水など販売されてるんだけど、

生活必需品はリフトを使って

物を届けられる様子が放送されたんだね。

なかなか見れない光景なので、

とても面白い放送となりました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする