八木宏一郎(唐揚げ)の年齢や出身と年収は?趣味や結婚についても!【マツコ】

おはようからこんばんは!オモナガです。

子供から大人まで定番人気メニューといえば唐揚げ!

好きすぎて、極めてしまった人がテレビに出演するとのことです。

4月9日火曜に放送される

『マツコの知らない世界』に八木宏一郎さんが出演!

唐揚げの魅力をたっぷり教えて頂けそうです!

今回は、八木宏一郎さんについて

年齢や出身、年収など

気になる情報を調査してまとめてみました。

是非、一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

もくじ

八木宏一郎(唐揚げ)の年齢や出身などプロフィール

八木宏一郎の年収とは?

八木宏一郎の趣味とは?

八木宏一郎は結婚しているの?

八木宏一郎(唐揚げ)の年齢や出身などプロフィール

出典:https://hyuga.keizai.biz/

名前:八木宏一郎

生年月日:1975年9月1日

出身:愛知県春日井市

最終学歴:京都産業大学経済学部

職業:専務理事 一般社団法人日本唐揚協会

1975年生まれの八木宏一郎さんの年齢は、

現在48歳(執筆当時)。

出身は 愛知県春日井市 になります。

職業である日本唐揚協会は、

カラアゲニストを育成して、

唐揚げによる世界平和を実現するため

活動している協会なんだとか(゚Д゚;)

ええ、彼らはマジですよ!w

以下、公式ホームページを観て頂けたら

凄まじい熱意と油っこさが伝わります。

日本唐揚協会公式ホームページ

八木宏一郎の年収とは?

八木宏一郎さんの気になる年収とは?

残念ながら、情報は公開されていませんでしたが、

様々な情報を集めて予想してみたい と思います。

まずは日本唐揚げ協会の業務になります。

以下、日本唐揚協会の概要からの引用です。

一   唐揚げに関する相談業務

二   唐揚げに関するコンサルティング業務

三   唐揚げの仲介及び斡旋業務

四   唐揚げに関する品質評価業務

五   唐揚げの適格度審査業務

六   唐揚げに関する資格制度の創設、運営、認定業務

七   唐揚げに関するセミナー・講演等の教育活動

八   唐揚げに関する調査、研究活動

九   唐揚げに関する社会への提言及び公表等、情報提供活動

十  唐揚げ関連団体との提携促進及び国際協力活動

十一 唐揚げに関する通信販売業務(インターネット等の利用を含む)

十二 前各号に附帯する一切の業務及び活動

引用:http://karaage.ne.jp/aboutus/2011/01/kyoukai-gaiyou.html

かなりの業務がありますよね。

そして、2018年に八木宏一郎さんは、

このようなセミナーを行っていました。

日本唐揚協会から学ぶ

ゴールから逆算するブランド戦略

年商120億のマーケットを作り上げた男が

今だから話せる10年のキセキ

引用:https://okayama.summacle.jp/I0000824

年商120億!…凄い額ですよね(゚Д゚;)

専務理事という肩書もあることから、

年収1000万円以上は考えられそうです。

ちなみに、セミナーのインタビュー動画もありました。

こちらも是非、ご覧ください。

スポンサードリンク

八木宏一郎の趣味とは?

八木宏一郎さんの趣味は、

海外グルメ旅行で35か国以上巡り、

学生時代にはバイク旅行と食べ歩き

様々な場所を巡ったとのことです。

グルメ旅行いいですね(´∀`)

食べ歩き楽しいですよね~。

八木宏一郎は結婚しているの?

八木宏一郎さんは結婚されてるのでしょうか?

Facebookや検索して捜してみましたが、

情報は見当たりませんでした 汗ごめんなさい!

しかし、年齢や理事専務という役職から

結婚していてもおかしくないかな、と思いますね。

【マツコ】の関連動画は、こちら。

おはようからこんばんは!オモナガです。 ここ数年で、 気づけば家電もすっかり様変わりしました。 私が子供の頃にあっ...

スポンサードリンク

八木宏一郎さんについてのまとめ

八木宏一郎さんについて、

調べた情報でした!まとめです。

八木宏一郎さんの年齢は48歳 です。

出身地は愛知県春日井市 でした!

年収は予想で、1000万円以上 となります。

八木宏一郎さんの趣味は、

バイク旅行、食べ歩き、海外グルメなど がありました。

結婚の情報はありませんでしたが、

恐らくしていると予想します!

いかがだったでしょうか?

『マツコの知らない世界』では、

どのような唐揚げを紹介されるのか、

是非、ご覧ください。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする