津田淳子(デザインの引き出し・編集長)のセブンルール!年収や経歴と本の口コミは?

おはようからこんばんは!オモナガです。

みなさんは何かこだわってるものとかあるでしょうか?

私は特にこだわりといったものはないのですが、

気付いたらグレーの私服ばかり持っていて

実はこれこだわってるんじゃ?と思うこの頃ですw

3/5(火)放送のセブンルールに出演する

あの人変!とまで言われた紙にこだわっている

津田淳子さんが出演されます。

「デザインの引き出し」の本の編集長をされていて

とても人気で話題とのことです。

おしゃれな包装紙とかで包まれたものとか

確かに魅力的なので、ハマる人はハマりそうですね!

なので、

気になる津田淳子さんについて

年収や経歴、口コミなど調べてまとめてみました!

是非、最後までお付き合いください^^

スポンサードリンク

津田淳子さんのwiki風プロフィール

出典:https://www.ktv.jp/

名前 津田淳子(つだじゅんこ)

生年月日 1974年

出身 神奈川県

現在44歳で神奈川県出身の津田淳子さん。

眼鏡の似合う優しそうな方ですね!

好きな事は日本と世界の島に行くことなのだそう。

私も旅行が好きで

小豆島など行ったことがありますが、

船移動や景色が素敵で面白いですよね!

海外の島なども観てみたいものです…(´∀`)

おっと、脱線してすみません汗

続いて、年収を見ていきましょう^^

津田淳子さんの年収とは?

編集長である津田淳子さんの年収とは?

調べてみましたが、情報が公開されていないので、

編集長の年収について調べてみました。

大手出版社の編集長だと口コミ情報では

大体800万~1000万円と言われています。

津田淳子さんのひきだしのデザインは

シリーズ化されていてヒット作なので、

1000万円ほどいってるのではないでしょうか^^

津田淳子さんの経歴とは?

津田淳子さんは、幼い頃から

本に囲まれた生活をしていて

本を読む生活をしていたんだとか。

両親からは本をたくさん読んでほしい

という教育の元育てられたそうですね。

どの本を読んでも知層になり、

自分のためになるので素敵な教えだと思います^^

津田淳子さんは大学卒業後、

出版社に入社しました。

ある出会いがきっかけで紙の虜になったそうで

それを機に出版社を退社。

2005年にグラフィック社に転職します。

そして間もなく、編集長として

デザインのひきだしを出版されました。

出典:https://www.amazon.co.jp/

デザインのひきだしは評判を呼び、

現在ではシリーズ36作目となっています。

ネット通販ではアマゾンや楽天でも

お買い求め頂けます。

スポンサードリンク

津田淳子さんの本「デザインのひきだし」の口コミとは?

編集長の津田淳子さんの本

「デザインのひきだし」36作品目の

口コミやSNSの反応を調べてみました。

グラフィックデザイナーの主人に頼まれて購入。

表紙がコロコロコミックみたいと思ったら

当たっていてコラボだそうです。

参考付録の厚みで束があるので持った感じは

漫画雑誌のようです。

表紙はラメがついた箇所があるので触ると落ちます。

紙や印刷物も関係してる仕事なので購入していますが、

今回の号は文具好きの私の方が食いついて読みました。

紙に関係ないですが恐竜消しゴムまで入っていて

遊び心も感じます。

内容と参考付録を考えてもこの値段では作れない本です。

引用:https://books.rakuten.co.jp/

プロのデザイナーさんまで購入するものなんですね!

シリーズ毎に好みがわかれるようで

おまけまでついててかなりお買い得のようです。

毎号楽しませてくれるのでよく買いますが、

アマゾンではすぐに売り切れになるか

高額転売価格で売っているので、

いつも本屋か他のネット通販を利用して買います。

本号もすぐに3500円以上になっちゃって。

値段に注意して、高かったらヤ〇ーや楽〇などを

チェックされることをお勧めします。

ちなみに私は今回は在庫のあった紀伊〇屋書店の

ネットで買いました。

引用:https://www.amazon.co.jp/

新作が出る度に売り切れになるなんて

スゴイ人気本ですね(;’∀’)

ちょっと値段が高いかな?と感じた場合は

転売の可能性があるので注意した方がよさそうです。

購入される場合は、比較した方が良さそうですね。

デザインのひきだしの口コミは

全体的に非常に高くて評判のようです。

興味のある方は一度覗いてみてください(^^)/

津田淳子さんについてのまとめ

津田淳子さんについて

情報は以上になります。まとめです。

津田淳子さんは現在44歳で

神奈川県の出身です。

幼い頃から親の教育の元

本を読む生活をしてきたのだそうです。

大学卒業後に出版社を就職しました。

そこで紙の魅力にハマった津田淳子さんは、

転職してグラフィック社に入社。

編集長として「デザインのひきだし」を出版します。

年収はというと、

編集者は年収1000万前後は

もらっていると想像します。

いかがだったでしょうか?

セブンルールでは、

どのような紙の魅力を紹介してくれるのか

注目してみてください^^

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする