奥山たえこはシェアハウス運営と杉並区議会議員で経歴や出身は?杉並区高円寺の柏あさひハウスの場所や始めたきっかけなどザ・ノンフィクション!

おはようからこんばんは!オモナガです^^

8月4日放送のザ・ノンフィクションでは

杉並区の区議会員をしている

奥山たえこさんの取材なんですな!

60歳を過ぎてからシェアハウスの運営に挑戦。

その様子を番組が2年間取材したというんだね!

なかなか他人との共同生活が苦手なので、

シェアハウスってどんな感じなんだろうなとは思ってました。

家賃とか浮かせられそうなので、

お金に困ったら判断材料の1つにしたいかなw

今回は奥山たえこさんについてだけど、

シェアハウス運営と杉並区議会員をやってるけど

経歴や出身はどこなの?

杉並区高円寺の柏あさひハウスの場所が気になる!

シェアハウスを始めたきっかけは何だったんだろう?

こんな感じで調べてみたよ!

是非、一緒に確認していきましょう^^

スポンサードリンク

奥山たえこの経歴や出身について!

出典:http://www.dai46u.com

【プロフィール】

名前:奥山たえこ

生年月日:1957年

出身:大分県別府市

職業:

杉並区議会員

シェアハウス柏あさひハウス

奥山たえこさんの出身は大分県の別府市なんですね。

経歴はこんな感じ!

  • 実家は八百屋さんで看板娘をしていた。
  • 大学は都立大学法学部卒でボート部
  • 金融会社やパン屋、派遣OLや教育・演劇出版社を転々としていた
  • 2003年杉並区の区議会員初当選して連続3期続けた。
  • 60歳を過ぎて女性中心のシェアハウス柏あさひハウスを運営。
  • 2019年当選復活して再開

スポンサードリンク

奥山たえこ運営の杉並区高円寺の柏あさひハウスの場所などについて!

柏あさひハウスは家賃2万円~4万5千円の女性中心。

「限定」ではなく「中心」なので、

ここは間違えないでくださいね!

そのことについては、

こちらの記事でこのように言ってます。

女性「限定」ではなく「中心」とうたっているのは、

奥山さん「たとえばLGBTの方や、シングルマザーの方の男のお子さんについても、状況によっては対応な可能な場合があります。まずはご相談ください」

引用:http://www.dai46u.com/

収入が不安定か高齢者、シングルマザーのためのシェアハウスなんだ!

弱いものの味方なところだねー(´∀`)

住所は千葉県柏市旭町にあるアパート。

個室は全部で8部屋もあるよ!

めっちゃ詳しく知りたい方は

以下URLから確認してみてね!

【ジモティー】

https://jmty.jp/chiba/est-sha/article-6n5tc

【ブログ】

http://www.jca.apc.org/~okuyama/sharehouse/

こちらのノンフィクションも読まれてます!

スポンサードリンク

奥山たえこがシェアハウスをはじめたきっかけとは?

シェアハウスはじめたきっかけを

詳しくインタビューしてた記事がありました。

なぜ奥山さんは「柏あさひハウス」をはじめようと思われたのだろうか?

奥山さん「そもそも20年以上前から杉並区でホームレス状態の方の支援をしていました。しかし、そんな活動の中で路上で出会う方に『福祉へ繋がりませんか?』と勧めても、路上生活が長ければ長いほど繋がりたがらないということに、よく遭遇していました。ただ、じっくりお話すると(安定した住まいが用意されれば)本当は屋根の下に住みたいという気持を持っていらっしゃる方も多かったのです」

「また、ホームレス状態におちいるのは人数的には男性の方が多いでしょうが、状況の深刻さは女性の方が高いと感じていました。加えて高齢者の住まいをとりまく問題も気になっていました。私も現在の年齢になって、そろそろ個人で新たに物件を借りづらくなっていると感じています。杉並区議を務めていた時代でも、貧困問題・ホームレス問題は私のテーマとして、年に一回は質問をしていました」

「このような問題意識から落選後に社会的起業のようなことをしようと思い、さまざまな支援の形を考えた結果、やはり『住まいがなきゃ」と立ち戻りました。そこで、住まいの問題を解決する『ハウジングファースト支援』の一助として、このような形のシェアハウスをはじめました

引用:http://www.dai46u.com/entry/kashiwaasahihouse

こちらの記事は2017年の記事なので、

その20年前からホームレス支援をされてきて、

悶々としてたんですね。

その活動支援が評価され、

困窮者をもっと多く救える立場になるために

杉並区義の議員さんになられたと!

いや~、ホントに凄い方ですよね。

奥山たえこさんのような方がもっと議員になれば

良い日本を築いていけるんだなーと確信しました。

投票をする機会を無駄にせず、

しっかり調べて1票いれなきゃなって思いましたね!

スポンサードリンク

ザ・ノンフィクションについて

【番組内容】

東京・杉並区高円寺…古びた住宅街の一角に築50年以上の風呂なしアパートがある。そこに20代から住むのは奥山たえこさん(62)楽しみは焼き鳥をつまみに酒を飲みながらの読書という気ままな独身・一人暮らし。家にはエアコンはもちろん洗濯機も炊飯器もない。水道からお湯も出ず、大雪の日でも「マフラーを巻けば大丈夫」と暖房なしで過ごす生活…そんな奥山さんが新たに始めたのがシングルマザーや日雇い仕事をする人など、住む家がなく、お金に困っている人のためのシェアハウス。一体なぜ60歳を過ぎてから、こんなことを始めたのか…。 実は奥山さんは3年前まで杉並区の区議会議員。前回の選挙で落選し、新しく挑戦したのがシェアハウスの運営だ。しかし中々、満室にならず、光熱費も予想以上、家賃を滞納する住人まで…頭を抱える日々が続く。 そんな奥山さんのもとに、一人の男性がやってきた。岩井祐樹さん(37)。派遣切りやリストラにあい、将来が見えなくなっていた7年前、議員だった奥山さんと出会い、手伝いを始める。自分の信じる道を貫き、生きづらさを抱える人に寄り添う奥山さん…そんな姿を見て、岩井さんも区議選に立候補したいと言い出す。心に引っ掛かっているのは、3年前に1度、落選した区議選の記憶…岩井さんは意外な行動に出る。 そんな中、シェアハウスである事件が起こる。次々と降りかかる問題を前に、追い詰められていく奥山さんの決意とは…

引用:https://tv.yahoo.co.jp/

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. スカトロマン より:

    ホームレスは殆ど見なくなった。
    その原因は、生活保護にしているから。200万人越えでいつまで持つか。
    消費税も20%にして、絞り取ればいいと思う。
    払った税金以上のお金を、生活保護世帯に使うのは不公平。
    団地に詰め込んで、餌与えて飼うべき。
    酒タバコ、ギャンブルなんてありえない。
    体に発信機つけて、ギャンブルできない機械を張り巡らせるべし。
    かわいそう?
    その考えが国を滅ぼすんだよ。
    どのみち、近いうちに破綻するから。
    年金か、保険制度か、国債か。