田村淳がキレた日刊スポーツの記事内容や読者の反応は?

おはようからこんばんは!オモナガです。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、

日刊スポーツの記事についてブチキレてます。

記事の内容はラジオを元に書かれた記事のようですが、

その記事は日刊スポーツサイトでは削除されてます。

今回は田村淳さんがブチギレした記事について

情報を集めて紹介していきます。

スポンサードリンク

田村淳さんが日刊スポーツにブチギレ!ツイッターでつぶやき

出典:https://twitter.com/

距離

もう何を言っても無駄なんだとわかりました…

日刊スポーツさんがラジオのコメントを抜粋して記事にしてる…

生放送を聴いてる人と記事だけを見てる人の温度差にゲンナリ…

日刊スポーツさんとは距離を置きたいと思います。

今まで本当にありがとうございました。

この先取材応じる事はないです。

日刊スポーツに書かれた田村淳さんの生放送ラジオ番組のコメントを抜粋された記事が、

田村淳さんの意図とは違った捉え方をされてしまう書かれ方だったんですね。

日刊スポーツというより、記事を読んだ人の捉え方にがっかりしたという印象もあります。

スポンサードリンク

田村敦さんの日刊スポーツの記事内容

日刊スポーツの記事は2020年5月30日に

『田村淳SNSで「ちょっとでも傷ついたら開示請求」』

といった見出しだったようです。

出典:https://www.nikkansports.com/

日刊スポーツサイトでは記事が削除されてますが、

別のニュースサイトが同じ内容で残ってました。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳(46)が30日、文化放送「ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB」(土曜午後1時)に生出演し、SNSでのコミュニケーション方法について語った。

淳は昨年、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味の性質をもつHSP(Highly Sensitive Person)であることをSNSで公表している。

HSPを公表した際のSNSの反応について振り返り、一部から強めの言葉遣いで返信を受けることがあったという。「最後に『笑』をつけるだけでネットコミュニケーションって随分変わるんですよ」。

ネットであれ道ばたであれ一緒なんですよ。そういうのをわかっていないでSNS使っているやつがいるから、そういうやつを駆逐するまで、ちょっとでも傷ついたら開示請求していこうと思っていますよ」と明かした。

攻撃を受けた際はDM(ダイレクトメッセージ)で「開示請求しますよ、そんな言葉遣いをするなら」と送っているといい、最近攻撃を受けた際に送ったところ全員から「いいすぎた。すまなかった」という旨の謝罪の言葉が届いたという。

続けて「すまなかったって謝る場合は、おれよりも目上の人しか許しませんけど、目上の方なんですか」と問うと「すみません。年下でした」と返ってきたという。

どうしてそのような言葉遣いをしてしまったのかを問うと「やっぱりネットで姿を出さないで、自分勝手になっているところがあったと思います。猛省します」と返ってきたという。

淳は「猛省しますっていう言葉が使える人が『お前さあ』みたいなこというんだよ。そんな言葉遣いの人って猛省できないタイプだと思っていたけど、ネットの人って怖いな。どんなに語彙(ごい)力がある人でもそういう風にいっちゃう」と指摘した。

引用:https://www.msn.com/ja-jp/

※こちらの文面は出典先が削除され次第、こちらも削除します。

田村淳さんがHSPを公表したことで、

Twitterで言葉遣いの荒い人が一部絡んでくるんですね。

その方々にダイレクトメールを送って、

態度を改めてほしい主旨のメールを送ってるということのようです。

木村花さんの事件がきっかけで

SNSの誹謗中傷系の内容が取り沙汰されてます。

※追記

引用先のニュース記事は6月1日に削除されました。

スポンサードリンク

田村淳の日刊スポーツ記事を読んだ読者の反応

うーん
なんつーか今まで「そういう笑い」で稼いできたくせにどの口が言ってんだか?って感じだね。
それと、正直、#田村淳 氏には危険を冒してまで批判するほど価値はない。

・HSP
・「笑」でニュアンスが異なる事も理解出来ている

寧ろSNSをやらない方が自分の為じゃない?
ここまで理解出来ているのに傷付くかも知れないシチュエーションに自ら踏込むのなら開示請求が不当の余地も有るのでは?

テレビはバラエティやから許されるんかしら。人には厳しく自分に甘く的な。ナゾい。

この日刊スポーツの記事を読んだ読者の感想は、

田村淳さんがテレビ番組での今まで行いについて触れてるようです。

他にも、ならSNSをやめたら?という極論まで出てます。

さいごに

日刊スポーツで記事を読んだ読者さんは、

田村淳さんの芸風により、

このような感想が増えてしまった感じもします。

だけど芸能人とはいえ、

見ず知らずの方からいきなり『おまえ』呼ばわりや

ちょっと高圧的な態度をとられると、

SNSでもかなりきついと思います。

というか、私がされたら嫌です笑

SNSをやめろという意見もありますが、

SNSのマナーを守って楽しみたい被害者側にとって、

やめろというのはヒドイ話で論外です。

それをいったら何もできなくなってしまいます。

SNSも公共マナーと同じように使っていきたいですね。

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする