山川宗玄老師の経歴や学歴などwikiプロフィール!結婚や家族についても!【こころの時代】

おはようからこんばんは!オモナガです^^

5月25日土曜の13時から放送の

こころの時代」が再放送されますな。

禅の知恵について学べる番組なんだそうですが、

生きる事全てが修行だという道場があるんだとか。

出演するのはこの方。

正眼寺住職・正眼僧堂士家の山川宗玄さん。

そのような過酷な道場に身を置く方とは、

一体どのような方なのか気になりました。

経歴や学歴、家族の情報などまとめてみたので

是非、最後までお付き合いください^^

スポンサードリンク

山川宗玄の経歴などwikiプロフィール

【プロフィール】

名前:山川宗玄(やまかわそうげん)

生年月日:1949年

出身:東京都

仕事:正眼寺住職、正眼僧堂師家、正眼短期大学学長

正眼の短期大学というものもあるんだね~。

岐阜県美濃加茂市伊深町に本部を置く日本の私立大学なんだ。

勉強する内容はまさに禅による人格教育。

茶道や尺八、陶芸など仏教文化を学ぶ学校となってるんだね!

ここを卒業したら凄く生き方が変わりそうだ(゚Д゚;)

経歴

山川宗玄さんは、昭和24年の東京都で生まれたんですな。

大学在学中、様々な取り組みをされたということで、

その中でもしっくり来たのが酪農なんだとか。

1年間留年してまで援農をやり続け、

本格的に勉強して酪農の道へ進もう決意されていたとのことなんだね。

ただ、腰を痛めたそうで大きな挫折を感じたんだ。

他にも、援農していた経営者から、

「牛は50頭いるけど牛乳の単価があがらず、

機械の借り入れのため、返済のために家族総出で自転車操業だ」

という話を聞かされたんだね。

たしかにそんな話しを聞かされると、

夢がないと感じてしまうかな~汗

自分の行く道がわからなくなった山川宗玄さん。

色々ぎりぎりまで悩んだ結果、

悩んでいる物が許される場所がないかと考えます。

そこで目に飛び込んできたのが、お寺なんだね。

そして大学を卒業後、

山川宗玄さんは禅僧への道を進まれたんですな。

野火止平林僧堂、白水敬山老師について得度。

同年には正眼僧堂に入門されました。

僧侶と言えばこの方!

高橋卓志さんに必見です。

スポンサードリンク

山川宗玄の学歴

山川宗玄が通っていた大学は

埼玉大学理工学部を卒業されていましたな。

有名人のOBでは、元内閣官房長官の伊藤正義さんがいました。

こちらが、埼玉大学の情報になります。

〒338-8570

住所:埼玉県さいたま市桜区下大久保255

電話番号:048-858-3005

スポンサードリンク

山川宗玄は結婚や家族はいるの?

山川宗玄さんの家族についての情報ですが

ネットでは全く見当たりませんな汗

厳しい禅の道を歩まれてきたとは思いますが、

流石に独り身と言う事はない気がします。

ただ正眼大学の会長をされてるとのことなので、

教え子は数多くいるでしょうな。

※追記

正眼寺関係者様より、詳細な補足コメントを頂きました。

情報提供ありがとうございます!是非、ご覧ください。

スポンサードリンク

山川宗玄さんについてのまとめ

まとめです。

  • 山川宗玄さんは大学時代に酪農を目指していた過去もあったとのこと。腰を痛めてなければそちらの道に進んでいたかもしれませんな。
  • 学校は埼玉大学理工学部を卒業されてました。
  • 家族がいるのか探し出せませんでしたが、正眼短期大学にて多くの教え子がいると思います。

いかがだったでしょうか?

こころの道の放送で、

禅の道について学んでみてくださいませ^^

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ratnatrayaya より:

    正眼寺関係者です。

    山川老師は、禅僧の指導的立場(師家)であり、釈尊依頼の仏法の継承者の一人にあたります。
    こうした専門道場(僧堂)の師家は、厳格な仏教の戒律にのっとり、生涯妻帯することは許されません。そして生涯、専門道場(僧堂)で行を兼ねつつ、雲水の指導にあたります。
    正眼短期大学については、一般大学同様、山川老師の「教え子」という形で、短大出身者は全国に多くいますが、同時に山川老師は、修行道場の師家でもあるので、正眼寺道場で修行した「雲水」も、修行を終えて、全国の臨済宗系の禅寺の住職へ就任してゆく、「弟子」もあまたおられます。
    したがって、山川老師には、父母(すでに他界されていると思われる)、あるいは兄弟
    などはおられますが、妻子はいません。補足情報として付け足します。