佐々木夫婦は人生の楽園で鹿児島・新島の無人島生活!理由と場所について調査!

おはようからこんばんは!オモナガです^^

11月2日土曜放送の人生の楽園では、

鹿児島の新島に移住した佐々木夫婦の紹介ですな!

無人島と聞くと少しワクワクするけど、

昔は人が住んでいたところみたいだ。

小さい島は旅行で小豆島、女木島、

男女島というところを旅したことあるけど、

景色がよくて面白いよね!

佐々木夫婦について

新島に住んだ理由とは?

新島の場所やどういったところなのか?

こんな感じで調査してみました^^

スポンサードリンク

佐々木夫婦について

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/

主人公の妻、佐々木和子さん59歳と夫の直行さん66歳!

和子さんは新島で5人姉妹の末っ子として生まれ

小学校4年生まで島の分校へ通っていて

5年生から桜島の本校で船で通っていたんだとか。

なるほど!生まれ故郷だったというわけだね。

その後、鹿児島市街の叔母の家から短大まで通って、

卒業後は市内の絹織物の会社に就職です。

鹿児島の絹織物って有名なの?

凄く有名!1,300年の歴史を持つ

絹織物の最高傑作といわれている

本場大島紬というものがあるようだね!

30数工程ある緻密な手作業でつくられたそれは、

おり上がるまで半年から1年以上かかるんだとか。

和子さんの勤めた会社もこの技術を扱っていたのかな?

和子さんが23歳のときのこと、

鉄鋼を扱う商社に勤める直行さんと結婚。

同じ製造関連繋がりでご縁があったのかな(´∀`)

その後、4人の子供に恵まれ

北九州市で暮らしていたようだ。

子供も育てあげたあと、

佐々木夫婦に転機が訪れたんだね!

スポンサードリンク

佐々木夫婦が鹿児島・新島の無人島生活を始めた理由とは?

佐々木夫婦がなぜ鹿児島の新島に移り住んだのか?

転機が訪れたのは、

佐々木和子さんのもとに1本の電話がかかってきたこと。

4姉妹の4女であるひろ子さんから

“新島が無人島になって荒れている”

と連絡がきたのだ。

直ぐに新島へ向かった和子さんが目にしたのは、

ジャングルのように荒れ果てた故郷の姿だったとか。

自分の故郷がそうなってたら悲しいかな…

このままではいけないと思った和子さんは、

月に1回、夫の直行さんと一緒に通うようになり、

掃除を始めるようになったんだね。

その後、通う回数も重ねていき、

姉のひろ子さんや友人、知人にも呼びかけをして

島を少しずつ綺麗にする活動が広がったそうだ。

和子さんの亡き父も大切にしてた島と神社を何とかしたい。

家族や知人の協力で新島の五社神社の再建までこぎつけました。

この再建を機に、島を守ろうと決意した和子さん。

2019年9月に佐々木夫婦は移り住み、

新島暮らしをスタートさせました。

島には勿論お店などないので、

週に1度船で買い出しにでかけたり、

釣りして自給自足したりとガチ無人島生活です。

これから盛り上がっていって、

人口が増えるといいですな。

スポンサードリンク

新島の場所などいろいろ

鹿児島・新島って一体どこなのか?

新島とは鹿児島湾の奥深く、

桜島の北東約1.5kmの位置にある島なんだね。

安永島や祝島とも呼ばれたいたらしい。

祝島とかめでたくてなんかいい!

ではでは、超優秀な

グーグル先生の衛星写真がこちら。

うん、めっちゃ無人島だね!

でも湾内だから波とかも少ないだろうし、

結構いい所にある感じがするなー!

この人生の楽園放送で、

私、俺も新島に住みたい!

って名乗りをあげる人も増えそうなので、

旬な島になる可能性もありそうです。

いつかオモナガも行ってみたいな~。

調べた情報は以上になります!

ではまた!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする