大型クレーン車横転事故が宮城県塩釜市でヤバい!建設会社やゼネコンは?倒れた原因は?

おはようからこんばんは!オモナガです。

12月18日(水)、宮城県塩釜市にて、

工事現場でクレーン車が倒れ、

数多くの死傷者などがでて話題になってます。

現場も十分注意して作業にあたっていたと思うのですが、

一体何が起きたのでしょうか?

この事故について詳しくみていきましょう。

スポンサードリンク

大型クレーン車横転について

出典:https://www.asahi.com/articles/ASMDL3FCHMDLUNHB001.html

今回の大型クレーン車横転事件について、

朝日新聞ではこのように書かれています。

18日午前7時40分ごろ、

宮城県塩釜市新浜町2丁目の工事現場で、

「クレーンが倒れてけが人が複数いる」との119番通報が責任者の男性からあった。

県警や消防によると、大型クレーン車が横転し、車数台が下敷きになった。

ワゴン車の中にいた作業員の男性4人のうち40代の男性が死亡、

2人が骨盤骨折などの重傷を負った。

ほかに男性作業員3人が軽傷を負って病院に搬送された。

県警によると、ワゴン車内にいた4人は、作業前で待機していた。

クレーン車はアームが伸びた状態で、車体を固定する4本の脚が出ていたという。

現場はJR仙石線の東塩釜駅から北東へ500メートル。

ホームセンターを建設中だったという。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASMDL3FCHMDLUNHB001.html

クレーン部分の倒れた方向が不運にも車を下敷きにしたんですね。

更に、作業前で作業員が車の中で待機してた時間ということで

この不運の連鎖がおきてしまったことになります。

作業前に車で待機してた作業員もいましたが、

クレーン車は機材をつり上げてトラックに

積み込む作業もされていたようです。

クレーン車が何かしらのトラブルで転倒するリスクはわかりますが、

何故作業するクレーン車の横を作業員の駐車場にしたのでしょうか?

転倒するリスクは昔から前例はあったと思います。

現場の安全管理を怠った結果、

このようなことが起きてしまったように感じます。

スポンサードリンク

クレーン車横転の現場

現場はJR仙石線の東塩釜駅から北東へ500メートル。

ホームセンターを建設中だったようですね。

地図やグーグルストリートビューだとこのあたりのようです。

出典:https://www.asahi.com/articles/ASMDL3FCHMDLUNHB001.html

【グーグルストリートビュー】

ホームセンターは2020年2月9日にサンデー塩釜店がオープン予定のようです。

この事故が影響して、オープンが延期される可能性もありますね。

スポンサードリンク

建設会社やゼネコンはどこ?

事故を起こした建設に関わる会社が気になるところです。

今のところ様々な憶測がSNSにあるようですが、

はっきりとした情報は現段階でわかっていません

間違った情報で先走った行動をした場合、

訴えられる可能性も十分考えられますので、注意しましょう。

また情報がわかり次第、追記していきます。

大型クレーン車が倒れた原因は?

塩釜市の天気予報では強風注意報があったそうですが、

朝の時間帯はほとんど風がなかったそうです。

横転として考えられた強風でしたが、

他に原因があるのかもしれません。

出典:https://kotobank.jp/word/

そこで注目されてるのがアウトリガーです。

クレーン車の車体の横に張り出して転倒を防止する装置のようですが、

この支えが地盤の関係か何らかの不具合によって

上手く機能していなかった可能性があります。

手順を踏み間違えたヒューマンエラー、

アウトリガーの整備不良や故障、

地盤の緩みなど色々な原因がありそうです。

こちらも警察の捜査によって進展していきそうですね。

続報がありましたら追記していきます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする