手取り15万がなぜトレンド入り?バズッたけど口コミについても調査

おはようからこんばんは!オモナガです。

9月24日に「手取り15万円」が

トレンド入りして話題のようです。

手取り15万がなぜトレンド入りしたの?

バズッたけど口コミはどんな感じ?

気になる情報をしらべてまとめてみました。

スポンサードリンク

手取り15万がなぜトレンド入り?ツイートがバズッた模様

9月24日午後9時頃、

ツイッターのつぶやきでは、

「手取り15万」がトレンド入りして

7万件以上もの投稿がされていますね。

お金や給料の話はよく話題になりますが、

「手取り15万」というのは、

生活ギリギリラインの目安としてよく注目されます。

トレンド入りしたのは@u2qKSkUcSIeBuidさんの

上記のつぶやきがバズッて拡散したのが有力ですね。

多くの方が共感されたんでしょうな。

政府はアベノミクスは成功と謳い

消費増税も間もなくはじまります。

今後ますます低所得の方は厳しい状況になっていくでしょう。

続いて、年収の割合についてみていきましょう。

スポンサードリンク

年収の割合について

2017年に国税庁は、

民間給与実態統計調査を行ってるんだね。

こちらは年代別の統計になってます。

年代 平均年収
20代前半 262万9000円
20代後半 361万4000円
30代前半 406万9000円
30代後半 432万8000円
40代前半 467万7000円
40代後半 496万2000円

続いては、年収100万毎に区分けされた表です。

今回は「手取り15万」の話題なので、

300万円~までの紹介です。

年収 合計(人数) 割合
100万以下 415.2万人 8.4%
100万~ 669.9万人 13.55%
200万~ 781.2万人 15.8%
300万~ 866.6万人 17.52%

年収100万以下~399万までの割合はなんと、

5割を超えるんですねー!

いや~…びっくりしました。

割合は女性が非常に多いんですけど、

まさかここまで全体的な割合が低いなんて思いませんでした。

景気がよくなったと体感できない人が多いのも納得です…

続いては、

みなさんの「手取り15万」の口コミについてのぞいてみましょう。

スポンサードリンク

手取り15万の口コミについて

「手取り15万」についての口コミです。

なかなかみなさん厳しい生活を

強いられている模様…

低賃金自慢とか凄く悲しい。

手取りの低い会社って多いのかな?

これだと貯金できないですね汗

保育士さんは国家資格なので、

もっと優遇されるべき。

というか、努力が報われる社会じゃないとおかしいですよね。

あまり求職がない地域なのかな?

ぱっとみなんだけど、

全体的に手取り15万あるない論争が

結構つぶやかれてた印象です。

年収別区分け表でも

100万以下から399万までが

人口の5割を超えてるという状況です。

がんばって生きないとですね汗

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする