廣畑直子の年収がスゴイ!経歴や娘と夫について調査!セブンルール

おはようからこんばんは!オモナガです^^

10月1日火曜放送のセブンルールでは、

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(略:USJ)

ハロウィーンプロジェクトリーダーの

廣畑直子さんの出演なんだね。

USJはまだハリポタやミニオンがない頃、

中学卒業後に友人と最後の思い出に

一度だけ行ったことがある感じ!

最近の事情は詳しく知らないけど、

今ではディズニーランドと並んで

すごく好評になってるイメージです(´∀`)

そのUSJのプロジェクトリーダーをまかされるなんて凄いね!

どのような方なのか興味を持ちました!

気になる廣畑直子さんについて

気になる年収はスゴイ?経歴は?

娘と夫はどんな人?

このような感じで調べてみました。

スポンサードリンク

廣畑直子の年収はスゴイ!調べてみた

出典:https://www.ktv.jp

【プロフィール】

名前:廣畑直子(ひろはたなおこ)

生年月日:1979年頃

年齢:40歳(2019年10月現在)

出身:-

学歴:大阪大学大学院卒

職業:USJプロジェクトリーダー

USJの年収は複数の口コミを集計したサイトからの情報です。

平均的な年収は574万円程度と言われてるようだね。

年代別に分けてみると、

20代では378~400万円。

30代では336~750万円。

40代では430~870万円程度になってるようだ。

口コミの中でも気になったのは、

外資系企業なので年功序列というより

成果主義で結果が全てといった会社のようです。

企画営業の方の口コミですが、

USJ全体が成果主義なのかなと思われます。

廣畑直子さんは大きい仕事をまかされてるので、

成果をあげることで40代で平均より高めの

年収800万以上と予想してます。

スポンサードリンク

廣畑直子の経歴について

小学校教師の母のもとで生まれ育った廣畑直子さん。

一生懸命笑顔で仕事をする母の背中をみて育ち、

理系の大阪大学大学院を卒業後、

家庭用品や化粧品を扱う大手企業のP$Gに就職します。

就職説明会では全部の業界をみて回り、

そのなかでも人の日々を変える何かをしたいと思って、

たまたまP&Gと出会ったそうだね。

男女問わず生き生きと働いてるP&Gの方の話を聞いて

ここで働きたいと思ったようです。

廣畑直子さんは情報テクノロジー部署を経て、

大好きな商品に直接携わりたいという

希望が叶ってマーケティングに異動。

テレビのcmでもよくやってた

「SK-Ⅱ」や「パンテーン」の担当をしてたんだとか!

この頃既に結婚されていて、

2人の娘さんを出産して夫とともに

育休取得もされたそうですな。

女性が社会で活躍している現状、

夫の育休取得も今後理解されていくのでしょうか。

大手企業は体力があるのでいいけれど、

中小企業の場合は少数でぎりぎり。

まだまだ育休を理解されるのは難しそう汗

転機が起きたのは2011年3月11日。

東日本大震災が起きた年なんだね。

被災地の方にメイクサービスをしたことがきっかけで

“「お客様を一番笑顔にする仕事がしたい」”

そう決意してUSJに転職されました。

ここでしか体験できない貴重なハロウィーンイベント。

このプロジェクトに全力で取り組んでる姿を

セブンルールで放送されるようです。

廣畑直子さんに注目ですね!

スポンサードリンク

廣畑直子の娘や夫について

出典:https://www.ktv.jp

廣畑直子さんは娘さん2人がいるようです。

大きさからいって小学生~中学生頃のお子さんのようだね!

笑顔で働く母の背中を見て育ち、

将来は2人ともバリバリ働くお母さんになるのかな^^

旦那さんも育休を一緒にとったくらいなので、

かなり仲の良い円満な家庭なんじゃないかなと予想出来ます。

夫婦で支えあって素敵ですね!

オモナガもそのような関係憧れるな~。

こちらのセブンルールも読まれてます。

廣畑直子についてまとめ

まとめ!

  • 廣畑直子のUSJの年収は800万以上と予想!
  • 経歴は理系の大学院を経て、P&Gに就職。東日本大震災で被災した方にメイクサービスしたのがきっかけでUSJに転職を決意されてました。
  • 家庭は夫と娘2人の円満夫婦のようです。支えあうって大事だよね!

調べた情報は以上になります。

ハロウィーンもうすぐだね~!

ちょっと脱線するけど、

また渋谷のスクランブル交差点とか凄い事になるんだろうか汗

騒ぐのはいいけど、ほどほどにしましょうね。

USJもいつかイベントみてみたいものです。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする