南都隆道(伊藤納豆店・社長)の年収や経歴をwikiに!茂木との関係とは?【アンビリバボー】

おはようからこんばんは!オモナガです。

最近、週に1度は納豆を食べているのですが、

毎日食べても飽きないですね(´∀`)

しかも健康にいいので、

素晴らしい食文化が続いて嬉しい限りですw

さて、

1/31(木)放送の【アンビリバボー】

伊藤納豆店こと「下仁田納豆店」が紹介されます。

何でも、廃業危機を救ったお話しのようですね!

小さなお店だったそうで、

工場による大量生産の納豆に比べ

単価を下げる事が出来ずに苦労したようです。

このお話しで登場される

気になる南都隆道さんについて

色々調べてまとめてみました!

是非、興味を持って頂けたら嬉しいです^^

スポンサードリンク

 もくじ

南都隆道社長のwikiプロフィール

南都隆道社長の年収とは?

南都隆道社長の経歴は?

南都隆道社長と茂木さんの関係とは?

南都隆道社長のwikiプロフィール

出典:http://www.maff.go.jp/index.html

名 前 南都隆道

生年月日 1963年4月13日

血液型 AB型

出 身 群馬県

4人兄妹の長男として生まれた南都隆道さんは、

1963年生まれで、現在は55歳になります。

社長というと、大体50~60代の方が

私の中では多いと思っていたので、イメージ通りですw

そいえば、伊藤なのに名字が南都なのは、

サザエさんでいうマスオさんのように

奥さんの家を継いだため、南都隆道さんなのだそうです。

少し珍しいケースですよね。

大体女性側が嫁いでくるのが一般的だと思ってました。

下仁田納豆店と南都隆道社長の年収とは?

出典:http://shimonita-natto.c.ooco.jp/

伊藤納豆店こと、

『下仁田納豆』は有限会社となっています。

創立は1963年と南都隆道さんの

生まれた年と同じなんですね!

従業員はパート含めて20名。

平成29年では年商2億1千万円と

かなり納豆の売り上げが良いようです^^

出典:https://gurusuguri.com

下仁田納豆は全国の高級スーパーで受け入れられ

県産アカマツの経木でつつんであります。

創業以来、変わらぬ製法で納豆本来のおいしさなんだとか!

発砲スチロール容器の納豆しか見た事ないので、

なかなかの衝撃ですね(゚Д゚;)

私も一度食べてみたい…

さて、

気になる南都隆道さんの年収ですが、

情報は公開されてませんでした。

なので、年商2億の会社で一般的な額を調べてみました。

大体ですが年収1000万程度と

考えるのが妥当のようです。

スポンサードリンク

南都隆道社長の経歴は?

出典:https://www.instagram.com

南都隆道さんは、小学校5年生から中学3年生まで

『納豆売り』をしていた時期があり、

自転車で売りにまわっていたそうです。

画像は、その時使っていた納豆を入れる箱なんだとか!

私が学生の頃は、

カードゲームやTVゲーム、中学は部活動三昧と

学校と遊びor部活動を繰り返してた毎日だったので、

人生は本当に人それぞれなんですね(;’∀’)

学生を卒業した南都隆道さんは、

30歳まで東京でサラリーマンの設計の仕事をしてました。

だんだん煮えきらないと感じ始めた頃、

丁度、お正月に実家の下仁田納豆店に帰省したときに

父親がこのように述べたそうです。

「納豆の売上も伸びないし、定年も近いから納豆屋をやめようと思う」

というので、南都隆道さんは、

「じゃあ僕が跡継ぎをしよう」

引用:https://natto.com/index2012.php

ここから南都隆道さんが、

下仁田納豆の廃業危機を

救った話が始まるわけですね!

スポンサードリンク

南都隆道社長と茂木さんの関係とは?

「下仁田納豆店」の売上に伸び悩んでいた南都隆道さんは、

たまたま飛び込んだ埼玉の「三之助とうふ」の主人である

茂木さんに出会い、手厚い歓迎をうけたそうです。

何でも、茂木さんは一丁500円でも売れるような、

価値の高い豆腐を売って利益を上げてたんですね!

高級スーパーの価格帯ってそんな高いんですね…

ちょっと食卓に並べるのが難しい価格です(;’∀’)

その高級豆腐を提供している茂木さんは、

その材料を南都隆道さんに売ってあげたとか。

お店のターゲットも一流デパートに変えるよう

アドバイスを受けた南都隆道さんは、

納豆を三越日本橋店などに持ち込んで

予想もしなかった歓迎を受けて、

商品の仕入れの契約を交わせたそうなんです。

「いいものを使えばお客さんはちゃんと買ってくれるんだ」

引用:https://natto.com/index2012.php

と学んだ南都隆道さんは、

売り上げがどんどん伸びていき、

奇跡的に下仁田納豆を救うことが出来ました^^

ホントに凄い出会いでしたよね。

実は、この話には続きがあって

茂木さんがデパート側に事前に頼んでいたことや

売れてた下仁田納豆納豆は、

茂木さんが買い取ってくれてたようなんです。

茂木さんも昔、同じように師匠にして頂き

『これから先に、若くて困っている人が現れたら、同じように助けてあげること、それが自分への恩返しでもある』

引用:https://natto.com/index2012.php

とのことで、教えを守ったそうなんですね。

南都隆道さんも、同じように助けてあげてほしいと託されました。

こんな素敵な事が、実話であるんですね…

人と人との繋がりは、本当に大事だと身に沁みます。

スポンサードリンク

南都隆道社長についてのまとめ

伊藤豆腐店こと、

下仁田納豆有限会社は売れ行きは好調で

年商を考えると、

南都隆道さんの年収は1000万程度です。

東京のサラリーマン生活に疲れていた頃、

正月のタイミングで伊藤豆腐店に帰省。

父が伊藤豆腐店をやめようとしていた事がきっかけで

後を継ぐことになりました。

茂木さんは、若い人が困っていたら助けるという

師匠の教えを守ったため、

下仁田納豆が奇跡的に復活しました。

調べた事は、以上になります。

これが実話だと思うと、凄く素敵ですよね。

人と人との繋がりがとても大切だと感じます。

アンビリバボーでは、感動して

泣いてしまうかもしれませんね( ;∀;)

拙い文面ですが、

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする