菅野瑞治也(スガノ)はタダ酒でドイツの秘密結社へ入会に!決闘した理由や職業について!激レアさん

おはようからこんばんは!オモナガです^^

8月31日の土曜に放送される激レアさんですが、

ドイツの秘密結社に入会させられ、

真剣で決闘するはめになった方が気になりますな!

なんだかとってもおっかない話だけど、

好奇心がめっちゃうずく内容だと感じたんだよねw

色々調べたんだけど、その方はスガノさんこと

菅野瑞治也さんということが判明したんだね!

気になる情報について調べてまとめたので、

是非、一緒に確認していきましょう!

スポンサードリンク

菅野瑞治也(スガノ)はタダ酒でドイツの秘密結社に入会?

【プロフィール】

名前:菅野瑞治也(すがのみちなり)

激レアさん名:スガノ

通称:ミッチー 

血液型:ABorO

職業:京都外国語大学外国語学部ドイツ語学科教授

現在教授を務めている日本人のスガノさんですが、

3年弱ほど、

ドイツのマンハイム大学に留学されていたんだね。

こちらの大学は、ヴェルサイユ宮殿についで

2番目に大きいバロック宮殿の大学なんだって!

こちらが画像なんだけど、とても綺麗で

東京駅を更に凄くしたような外観だな~…

【グーグルストリートビュー】

この大学に通っていたスガノさんなんだけど、

学友から学生結社(秘密結社?)である

コーラ・レノ・ニカーリアの会員

誘われて入会することになったんだね!

恐らくだけど、友人からタダ酒もらって

調子よくなった頃合いに、

入会の話をすすめられたんじゃないかな?

この学生結社っていうのは、

ドイツに大体1000団体あるらしく

人数にして15万人はいるそうなんだ!

この人数だと秘密結社なのだろうかw

どうやら決闘する団体としない団体があるらしく

残念ながらスガノさんは

決闘する団体に入会してしまったんだ汗

決闘を行う学生は約20人に1人ということで、

この人数は結構多いような気がするかな…

オモナガは決闘で思い出したことといえば、

小学生の頃、プラスチックのバットで

友人とチャンバラごっこなものをしてたくらいw

やはり平和が一番ですよね(´∀`)

スポンサードリンク

菅野瑞治也(スガノ)が決闘した理由とは?

出典:http://atamanisutto.livedoor.biz/

学生結社の決闘のことを

メンズーアというらしいんだけど、

本物の真剣で戦う

おっかないものなんだね(;゚Д゚)

この決闘をする理由は

儀式的な意味合いが強く、

勇気や精神の強さを証明するといった

漢気みせんかい!みたいなものらしい。

オモナガは漢気を捨てて全力で逃げることだろう。

得物は剣の先端が丸くなってるんだけど、

先端から10センチくらいは当たるとケガする切れ味なんだ。

上画像の恰好をして

スガノさんは戦かったそうなんだけど、

明らかに頬とか守られてない…

なので、決闘したお互いは、

頭や頬に切り傷を負うらしいんだよね。

この決闘が決まった時、

スガノさんは生きた心地しなかったろうな(;´Д`)

決闘後、スガノさんは左頬に7センチの刀傷と

頭や耳にも数か所傷を負うことになりました。

ドイツはこわいところや~…

もっと詳しく知りたい方へ!

ドイツで決闘した経験をまとめた

菅野瑞治也さんが出版した

本が売りに出されてました!

以下の画像からAmazonへジャンプできます。

実録 ドイツで決闘した日本人

スポンサードリンク

菅野瑞治也(スガノ)の職業について

菅野瑞治也さんはプロフにも書いた通り、

京都市右京区西院笠目町6に本部がある

私立の京都外国語大学の

外国語学部ドイツ語学科の教授なんだね!

どういう大学かというと、

人種や国籍、言語を問わない

国際的な学校のようだね。

国内外問わず、色々な方が通っているみたい。

スガノさんはドイツ留学を生かして、

ドイツ文化史やドイツ文学の

専門分野をされてるんだ。

学会でもドイツ学生結社

コーア歴史研究学会に所属するなど、

ドイツにかなり詳しい日本人の一人じゃないかな!

菅野瑞治也(スガノ)さんが激レアさんに!

本日の激レアさんは『タダ酒につられて謎の秘密結社に入会させられて、真剣で斬り合う決闘するはめになった人』&『歌舞伎町の松尾芭蕉と呼ばれるアウトロー俳人』

引用:https://tv.yahoo.co.jp/

激レアさんではスガノさんが秘密結社に入会された部分や

決闘するまでの流れを詳しく聞かせてもらえそうだよね!

きっと面白い内容になってること間違いなさそう(´∀`)

調べた情報は以上になります!

真剣同士の決闘かっこいい!と思っても、

日本では犯罪なのでやめましょうね(;゚Д゚)

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする