牧野が1700万円を持ち逃げした銀行員失踪事件がアンビリバボー!本名や地域は?事件の真相のネタバレ!

銀行員持ち逃げ失踪事件の真相ネタバレまとめ!これはヒドイ…

こちらの情報は佐木隆三著の得間文庫からの情報。

思った以上に衝撃的な内容でした…

真相ネタバレまとめその1

銀行員牧野さんの失踪は1977年7月25日の出来事。

その頃はバブル時代と呼ばれた頃だよね。

銀行員牧野さんが使っていた社用車が、

取引先である日本生命前橋支社ビルの駐車場で発見。

牧野さんの姿はなく、

現金およそ780万円と

小切手44通(額面合計およそ1000万)も一緒に

なくなってしまったんだね。

当時、銀行員による横領事件や

不祥事による社会背景もあって、

牧野さんの奥さんが前橋署に捜索願いを提出するも、

持ち逃げによる失踪と判断したんだ。

マスコミも同様に報道したんだね。

奥さんは勿論無実を訴えましたが、

聞き入れてもらえず…

世間からもヒドイ仕打ちを受けたんだ。

ここまでは、予告内容と大体同じですな。

スポンサードリンク

真相ネタバレまとめその2

失踪から時が経って1982年12月18日

従業員が日本生命前橋支社ビルにある

重油タンクの清掃中、

首を絞められた遺体がみつかったんだね。

身元は集金に出たまま失踪していた

牧野さんのものだったんだ。

最悪の形で見つかってしまったんだね汗

そして、犯人もみつかった。

翌年12月22日、

練馬区のパチンコ店に住み込んでいた男を警察が逮捕。

男は昔、日本生命前橋支社の社屋ビル管理人として

家族と住んでいたんだね。

男はすんなり自供して、盗んだお金は

ギャンブルの借金の返済と

ギャンブルに使い果たしたことが発覚したんだ。

1983年には前橋地裁で無期懲役判決に。

ホント、控えめにいってクズ野郎ですね。

これは誰も擁護できないでしょう…

時効は過ぎてしまったけど、

牧野さんの無実が証明された瞬間が来たんだね。

だけど、それはもう手遅れだったようだ。

1981年8月27日の出来事。

牧野さんの奥さんと2人の息子さんは

ヒドイ仕打ちにいいながらも

何とか日々生活してました。

だけど、ついに限界がきてしまい

母子ともに心中をしてしまったんだね。

本当にとても悲しい事件…

※追記 

奥さんと次男は命を落としたそうだけど、

長男は生きてたようです。

警察が牧野さんの奥さんの言葉に耳を傾けていれば、

新聞の報道が警察の判断と同じでなければ、

世間が警察や新聞を鵜呑みにして倫理観を失わなければ、

自身の行動に注意していきたいものですな、

調べた情報は、以上になります!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする