松林夫婦(スーザン&タク)がおすすめのディップソースのお取り寄せや購入方法は?マツコの世界

おはようからこんばんは!オモナガです(^-^)

2020年7月14日に放送される『マツコの知らない世界』では、

松林夫婦のご当地ディップソースの世界が紹介されます。

ディップソースをつけると野菜スティックをおやつ感覚でバクバク食べてしまいますよね(*‘∀‘)

管理人は甘辛いソースとかやはりマヨ系が最強だと思います!

今回の記事では、

マツコに放送される松林夫婦おすすめの調味料とディップソースのお取り寄せ情報をまとめて紹介していきます!

スポンサードリンク

ご当地ディップソースを紹介する松林夫婦について

ご当地ディップソースを紹介する松林卓さんと松林望美さんはお子さん2人がいる4人家族です。

あそびクラシLABO-nonstyle365研究所』というブログサイトを立ち上げ、

暮らしを遊ぶように楽しむための研究所として様々な考えのもと毎日を遊ぶように暮らすために様々なジャンルの記事を書いてるんですね!

家族で色々な体験や経験をするだけじゃなく、ブログで発信していくのはなかなか真似できないですね!

ブログでは、卓さんが『タク』で望美さんは『スーザン』とか『スー』名乗ってます。

望美さんは学生時代からスーザンと呼ばれてたようです。

今回のマツコの知らない世界ですが、

このあそびクラシLABOのジャンル『ご当地調味料さがしの旅』で紹介された調味料の中からディップソースに合うおすすめを紹介されるようです。

日本各地を巡ってみつけた中で選び抜いたということは、かなりおいしいこと間違いなしでしょう|ω・)

こちらがディップソースや調味料情報がのっていたクラシLABOのURLです。

http://nonstyle365.com/

スポンサードリンク

松林夫婦のおすすめご当地調味料とは?

松林夫婦がおすすめするご当地調味料は5つです。

1つ目は京都の『ごまスコ』です。

こちら原料のごまと酢と胡椒の頭文字をとった商品です。

すっぱくて辛くておいしいだけでなく、

化学調味料や着色料、保存料などの添加物が一切入ってないからだにもやさしいです。

タバスコのごまバージョンって感じかな?ごまってだけで体によさそうです。

ごまスコは以下のリンクからお買い求めいただけます。

2つ目は香川の『うたづの塩ぽん酢』です。

宇多津町の入浜式塩田と釜屋を復元して、

江戸時代から伝わる製法で丁寧につくった貴重な塩を使ったポン酢です。

とにかく凄そうな塩ポン酢でおいしそうですね。

お値段は734円(税抜き)と手が届く範囲なのが嬉しい。

こちらの商品は以下の公式ホームページから購入可能です。

http://www.sakaiya-soy.com/

松林夫婦おすすめ調味料

出典:http://www.sakaiya-soy.com/?pid=136298973

3つ目は島根の『ちょっと便利なしじみのだし醤油』です。

一袋200g入ってますが、中にはオルニチンという肝臓にいい成分がしじみ約4000個分相当が含まれてるとかで、うまみ成分も相当入ってるようです。

メーカーは鳥居というところのようですが、現在はAmazonで購入が可能です。

『しじみのだし醤油 鳥居』などの検索で見つけられますが、

送料が+600円とちょっと高い印象がありました。

松林夫婦おすすめの調味料

出典:https://www.amazon.co.jp/

4つ目は宮崎の『小豆味噌』です。

小豆味噌は丸穂味噌さんの商品で、ブログで紹介されたサイズはなく、お取り寄せサイズは1キロのものがありました。

合わせ味噌をベースに、大豆のかわりに小豆を使用した味噌なんですね。珍しい!

使用例としてはマヨネーズやクリームチーズとあわせてディップとしてとあったので、マツコの世界でも紹介される商品かもしれませんね。

購入方法は以下の公式からお取り寄せ可能です。

https://maruhomiso.shopselect.net/

松林夫婦おすすめの小豆味噌

出典:https://twitter.com/

5つ目は広島の『ビンゴソース』です。

創業時から3代受け継がれてきた変わらない元祖ビンゴソースで、

鯖の竜田揚げに使われていた秘伝の調味料がルーツのようです。

ウスターソースをベースに甘みと秘伝のスパイスを調合したソースで、フライ料理やハンバーグソースなど幅広い活躍が期待できます。

ウスターソースがベースなら使い方も同じ感じでいけそうですね。

気になる他マツコ記事はこちらです。

マツコの知らない世界で紹介!ご当地ディップソースのお取り寄せや購入方法について

松林夫婦(タク&スーザン)は仕事を辞めて2017年から車中泊でご当地ディップめぐりをしてたんですね!

仕事を辞めるというハードルから凄さを感じます|ω・)

まずは未来のスターディップが紹介されました。

徳島県の『ゆずみそ ゆずりっ子

材料は柚子・味噌・砂糖のみを使われてます。

京都の石野味噌『鯛みそ

老舗のお店が使ってるんですが、

蒸しただいこんやブロッコリーと相性がいいようです。

鯛みそはAmazonや楽天では売り切れなどで購入方法がなく、

公式サイトでも通販はとりあつかってませんでした。

富山の元祖・野菜向けの『金山寺みそ

そのまま食べられる味噌で麦を使っている。

北海道の『山わさびソース

わずか半年でスターに昇格したディップのようです。

富山の『梨フルーツらっきょうディップ』

愛媛の『みかんケチャップ』です。

みかんの香りがするさっぱり系ケチャップのようです。

フライドポテトやオムレツにおすすめです。

楽天では既に売り切れ状態でした。

和歌山県の『はちみつ入り梅肉』です。

すっぱさと甘みのバランスが抜群のようです。

兵庫県の『食べるたまねぎ

どの野菜につけてもおいしいようです。

続いてディップの中でおすすめのマヨ系ディップです。

秋田県の『いぶりがっこのタルタルソース燻

大根とたまごの燻製ソースでマツコも絶賛です。

沖縄県石垣島の『石垣島牛マヨ

牛骨エキスとマヨネーズが凄いおいしいようです。

以下のurlよりお買い求めいただけます。

https://www.fusaki.com/shop/235

北海道の『ブルーチーズディップ

マツコも絶賛でおいしいようです。

宮崎県の『タルタルソース南蛮用

続いて宮崎県の最強ディップ2選が紹介されました。

タクナンバー1のディップソースは

酢味噌の最高傑作『へべす 酢みそ

へべす酢みそと福岡の『しょうがすこ』と合わせるとおいしくなるようです。

マツコもおいしいと太鼓判でした。

スーザンナンバー1の宮崎ディップ『ねむらせ豆腐

マツコ曰く手作り感のある味噌で大根との相性1位のようです。

どのディップもおいしそうだけど、

管理人もマツコと同意見でやはりマヨ系が最強だと思います。

チキン南蛮用タルタルソースほしくなりましたね|ω・)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする