シウマイ弁当(崎陽軒)を大ブレイクさせた正体(謎の美人軍団)って一体何?調べてみた。【THE突破ファイル】

おはようからこんばんは!オモナガです^^

4月24日放送の【THE突破ファイル】では、

「横浜駅のシウマイ弁当を大ブレイクした〇〇娘!」

といった予告が気になりますよね!

横浜駅のシウマイといったら崎陽軒!

お土産には欠かさず購入してしまいます(´∀`)

しかし、あれだけおいしいものが、

昔は全く売れていなかった時期があったんですね。

それを解決したのが謎の美人集団、

シウマイ娘 という方たちでした。

一体どのような方なんですかね?

気になった情報を調べてまとめてみました!

是非、一緒に確認していきましょう^^

スポンサードリンク

会社の概要

会社:(株)崎陽軒(きようけん)

創業:明治41年4月

資本金:1億円

従業員:約1962名(2018年調べ)

崎陽軒の経営理念とは、

優れた「ローカルブランド」をめざし、

常に挑戦し続けて、食をとおして

お客の「心」を満たすことも目指しています。

何度も崎陽軒のシュウマイを食べてきましたが、

冷めてもおいしいのが魅力的ですよね。

あのサイズ感も丁度いい感じ!

崎陽軒では、もうすぐ平成最後!ということで、

4月20日~4月30日の期間限定で

「ありがとう平成シウマイ弁当」を販売中なんですね!

ちょっとオモナガも食べてみたいです…

こちら、崎陽軒の通販になっています。

崎陽軒のお取り寄せ

謎の美人集団・シウマイ娘とは?

1928年頃から販売を始めた、

横浜名物の崎陽軒のシュウマイ弁当。

昔は1日10個売れるのがやっと だったんですね!

何故売れなかったのでしょうか?汗

出典:ユーチューブ

当時は新幹線などが走っていない時代で、

お弁当は駅のホームで販売していたんだとか。

電車の窓からお客さんが声を掛けて、

駅弁屋さんが画像のように売っていたんですね。

購入する側からしたら、こっちの方が良さそう笑

東京駅など大きい駅が近い関係から、

横浜の弁当販売はなかなか難しかったそうです。

食べればおいしさが伝わるので、

どう売り込むのか悩んでいたのでしょう。

そこで販売を始めたのが、「シウマイ娘」 でした。

出典:ユーチューブ

1950年頃のこと、

従業員たちがチャイナドレス風の制服を身にまとい、

「シウマイ娘」というタスキを掛けて販売したところ、

瞬く間に話題が拡散!

メディアにもとりあげられ、映画や短編小説など

その人気は凄まじいものだったそうです。

画像も美人の方が多いですよね!

クレイジーケンバンドも、

「シウマイ娘」の曲を出してました。

駅弁屋さん「シウマイ娘」の活躍により、

「横浜名物シウマイ」に発展して、

今日の崎陽軒のシウマイがある訳ですね!

ただ良いものを作るだけではなく、

売り込む方法も重要なんだと思わせてくれます。

スポンサードリンク

真空パックは崎陽軒が最初だった!?

真空パックって、今では当たり前になってますよね。

実は崎陽軒が最初に使った というのです!

こちらが記載された記事の内容です。

常温で長期保存ができる商品はできないか。

当時、真空の技術は普及していませんでしたが、

メーカーさんと一緒に共同で開発する事に。

完成後、どういう商品名にするか2代目社長が検討したところ、

「真空」という日本語と、「パック」という英語と、

「シウマイ」という中国語を使ってみてはどうだろうかということで、

「真空パックシウマイ」が誕生しました。

引用:産経新聞社

いや~知りませんでした汗

崎陽軒はこれにより、保存方法がしっかりしたので

全国展開も考えていた時期があったそうです。

ですが、お土産としての価値を考えて、

ローカルブランドを目指すこととなりました。

確かにご当地グルメを全国展開するのは、

ちょっと違うかな~と思ってたので、

この方針には賛成ですね^^

シウマイ弁当に関してのまとめ

最後にまとめになります。

  • 1930年頃、崎陽軒のシウマイ弁当は昔1日10個売れるのがやっと、東京駅などの関係で売り込みが上手くいきませんでした。
  • 1950年頃、「シウマイ娘」が駅弁屋さんとして販売、話題が爆発的に広まって大ヒットを果たしました。
  • 崎陽軒のシウマイはあの「真空パック」を初めて使った会社でした!

いかがだったでしょうか?

THE突破ファイルでは、

もっと掘り下げた話が聞けるかもしれませんね!

じっくりテレビで確認してみましょう。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする