ハルカフェ(halucafe)は富良野市の人生の楽園!場所や評判について紹介!

おはようからこんばんは!オモナガです(^-^)

2020年6月13日の土曜日に放送される『人生の楽園』では、

丘の上の食いしん坊カフェ『ハルカフェ(halucafe)』が舞台です。

北海道富良野市にあるハルカフェですが、

かつて放送された内容を再構成して紹介されるんですね!

6月の今の時期というと、富良野ではラベンダーが旬の季節になって見頃です。

ハルカフェは見晴らしの良い丘の上にあるそうなので、

ラベンダー畑も楽しめそうなお店ですね(^^)/

今回の記事はハルカフェの情報や評判、場所について紹介していきます!

スポンサードリンク

富良野市にあるハルカフェ(halucafe)が人生の楽園放送

北海道富良野市のハルカフェを営むのは宮本直樹さんと妻のさんです。

宮本さん夫婦の前職はオーケストラ奏者で、

海外公演で世界をまわり、おいしいグルメを食べ歩いてきたんだとか。

特に食いしん坊だった直樹さんは料理が趣味で、

周囲に料理を振る舞うほどの腕前だったそうです。

直樹さんはやがて『料理の道』に進むことを考えて、

2014年にカフェレストラン『ハルカフェ(halu cafe)』をオープンしたんですね。

おいしいものを食べてきた方がおすすめするグルメなら、

間違いなくおいしいですね(‘ω’)

ハルカフェについて

続いてハルカフェについて紹介します。

こちら富良野市のハルカフェの外観内装です。

【外観】

ハルカフェは農機具小屋を改装したそうですが、

リノベーションが完璧ですね!

ハルカフェのhaluはアイヌ語で「自然から恵まれた食」という意味でつけられたそうです。

【内装】

内装も素敵な仕上がりでとてもオシャレですね!

凄く好みです…|ω・)

続いてメニューの紹介です。

ハルカフェの料理は季節の材料を取り入れてるんですね。

なので、その時期でしか食べられないものもあります。

そして、野菜や小麦、肉など富良野の食材にこだわっていて、

地元の特産品を多く使ってるんですね。

固定メニューとして紹介されてるのは以下の通りです。

Food

  • ダッチベイビー900円~
  • halu風オムカレー 1400円
  • パスタ 1300円

Drink

  • コーヒー400円
  • ハスカップペリエ680円
  • 自家製ジンジャー680円

ダッチベイビーって聞きなれないメニューですが、

凄くおいしそうなパンケーキのことでした。

これはたまらんです…

こちらの人生の楽園も読まれてます。

スポンサードリンク

富良野市にあるハルカフェ(halucafe)の口コミや評判について

富良野市にあるハルカフェの評判を紹介していきます。

ダッチベイビーパンケーキは、やはり美味しかった❗赤トマト🍅のジャムは絶品でしょう‼️インテリアも素敵です。

自家製トマトジュースやジャムも魅力の地元の食材を使った美味しいランチでした。

食事も美味しく、見晴らしもよくて良かったです。また行きたい♪

ロケーションが良い👌十勝岳が正面から見える

オムカレー&マッシュルームと生ハムのクリームパスタ最高にウマイです😋
眺めも申し分ないですよ‼️

お店の雰囲気がよく、

おいしい料理がでてきて、

十勝岳が見える見晴らしの良い風景といった評判が数多くありました。

お店側が温かく迎え入れてくれると宮本夫婦の人柄も凄く評判がいいです。

スポンサードリンク

富良野市にあるハルカフェ(halucafe)の場所やアクセス方法

住所

ハルカフェは北海道富良野市字西学田二区にあるお店です。

郵便番号は076-0047です。

電話番号

お問い合わせ・予約は0167-22-1266になってます。

営業時間・定休日

6月中は月曜日、火曜日が休みです。

営業時間は10時~17時(LO16時)、

ソーシャルディスタンスで席数が減ってます。

アクセス方法について

電車を使った移動を紹介します。

電車の場合、JR富良野線学田駅を降ります。

右手に複数の青い屋根の建物が見える西方向へ、

800mほど進むと左手にあります。


ハルカフェの公式ホームページURLはこちらです。

http://www.halufurano.jp/

スポンサードリンク

さいごに

実は一度だけ北海道旅行に行っていて、

富良野にも訪れたことがあるんですね!

なので、

halucafeの情報を入れてなかったのが悔やまれます( ;∀;)

富田ファームのラベンダー畑が素敵だったので、

もう一度機会を作っていきたいですね!

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする