Gotoキャンペーンの発案者は誰?気になる口コミの賛否の意見は?

おはようからこんばんは!オモナガです。

Twitterでは『#Gotoキャンペーンを中止してください』といったタグ付きのつぶやきが増えて話題になってます。

そもそもGotoキャンペーンってなんぞ?ってことなんですが、

日本国内旅行を対象に旅行代金が割引されるGotoトラベルキャンペーンが2020年の7月22日より開始されるんですね。

安い価格で旅行が行けるのは嬉しいですね!

しかし、現在東京では感染者が再び増え始め、九州や岐阜など集中豪雨による災害が発生。

他にも、医療従事者である看護師が命がけで懸命に働いてるにも関わらず、運営している病院が赤字という理由でボーナス全額カットというわけのわからない事態も発生してます。

従って、この「Gotoキャンペーンは今このタイミングでやることなの?」ということで、賛否両論の意見が飛び交ってるんですね。

今回の記事ではそのGotoキャンペーンの発案者が誰なのか?

又、Gotoキャンペーンについての賛否の意見について紹介していきます。

スポンサードリンク

Gotoキャンペーンの発案者は誰?

Gotoキャンペーンの発案者は自民党の二階幹事長が関係してる人物の可能性があります。

二階幹事長は自民党でも権力のある方だそうですが、

一般社団法人全国旅行業協会の会長を兼務してるんですね。

なので、立場的にも旅行業に力を入れていきたい考えのようです。

自民党の最大権力者である二階幹事長が、「全旅クーポン」を発行している一般社団法人全国旅行業協会の会長を兼務しているので、彼の立場上どうしても旅行券を出したいのが真の理由、と考えられます。

以前牛肉券の話が出た時も、旅行券の話も出ました。当時は外出自粛の必要性があるタイミングで、旅行券を出して旅行を推進するのは流石にNGでした。ほとぼりが冷めてきたので、1.7兆円を旅行券に充てるというのは恐らく前々から計算されていたのだと思います。

ですから「クーポン券万歳!」とか喜んでいるのではなく、これが何を意味するのかという情報の裏読みがとても大事なのです。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/a52fc590a2b20bc03977743a9fb479cbb90a4ca9

このGotoキャンペーンの事業の運営事務局委託先は、

日本旅行業協会(ATA)などが構成するツーリズム産業協同提案体が選ばれてます。

他には、Gotoキャンペーンは国内旅行の費用を補助する

国土交通省(観光庁)が担当してます。

記事では、赤羽国土交通大臣が記者会見で公表してました。

新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた消費を喚起する政府の「Go Toキャンペーン」のうち、宿泊代金など国内旅行の料金の割り引きが、今月22日から始まることになりました。

これは10日、赤羽国土交通大臣が記者会見で明らかにしました。

それによりますと、今月22日から始まるのは国内旅行の料金の割り引きで、すでに予約していても22日以降の旅行であれば対象となります。

国内旅行の割り引きの額は旅行代金の35%分で、上限は、宿泊旅行の場合、1人1泊当たり1万4000円、日帰りの場合は1人当たり7000円です。

割り引きには利用回数の制限はなく、自治体が独自に行うキャンペーンと合わせて利用することも可能だということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200710/k10012507851000.html

確かに安く行けるのは魅力的ですが、事業は総額1.7兆円もかかるそうなので、税金の使われ方として、

この方法が適切なのかはわかりませんが、別の使い方を優先すべきじゃないかと思うところです。

スポンサードリンク

Gotoキャンペーンの気になる口コミ【賛成派】

GoToキャンペーンが必要な人たちもいるのよね。しかし感染はやっぱり怖いし、なんかいい方法ないもんかね?
相撲だってそろそろチケット売らないとしんどいんだろうから、行ってあげたいけど、感染怖いし、悩ましい。withコロナで生活するのは難易度高い。早くワクチンと薬できないかなー。

観光業は窮地にたたされているので、

何かしら工夫する必要がありますよね。

二ュースに踊らされている人が多いな。

GoToキャンペーンは、観光業界や旅行業界がどれだけ疲弊しているのか、という見方をする人が少ない。そういう報道も無い。

医療機関の補助金は、既に第2次補正予算で確保されていて、GoToキャンペーンの予算を削る必要もない。

GOTOキャンペーン政府公認。
みんな旅行楽しもう赤いビックリマーク
政府は新型コロナウイルスは大丈夫て言ってる。

割引をしてくれたら旅行を楽しむという意見もちらほらありました。

開始されたら確かに使わないと勿体ないとも思いますね。

Gotoキャンペーンの気になる口コミ【反対派】

たとえば県内観光から初めるとかで十分だろう
それなら普段近すぎて行かない県内の観光地に行ってみようかなという人も出る
それから状況見ながら拡大すればいいのであって、いきなり全国でやる必要はない

コロナ怖いなら引きこもってろと言う人がいるが、なぜ平和な地方の住人が東京か来る観光客のために自分の生活を脅かされなければならないのか理解に苦しむ

東京以外は出てないので、部分的なら感染リスクは低そうですね。

感染対策丸投げされた宿泊先の方は、出来る限りの対策をしているのに、更に規制されるとは思ってなかったのでは?料理の個別出しなんて、もともとそういう方式の高級宿泊施設はできるでしょうが、ビュッフェで人手省いて安く宿泊料を設定しているところは、キツいんではないでしょうか?議員が行くような施設だけを対象にしてるの?それで、無症状感染者が来た日にゃ。。
風呂も食事も時間制限では、客も追い立てられるようです。

感染者が出たという烙印でお客さん来なくなってもホテル側も辛いですね汗

無責任キャンペーンやめてください。
感染拡大防止は当事者や自治体に任せて、国は経済回復しか頭にないのか?
このキャンペーンを実施しても問題ない根拠を提示して下さい。今後の自粛要請もあり得ると言いながらこれをやる意味がわからん。

管理人としては経済をまわしたい気持ちはわからなくもないので、やるならもう少し工夫するとか時期を考えてほしいかなと思うところです。

ほとんどが中止した方がいいという意見に偏りましたが、

ゴリ押しされて開始してしまったら活用しないと勿体ないですね。

そうなったら管理人も経済をまわすために旅行を検討してみます|ω・)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする