フジコヘミングの父親や母親はどんな人?兄弟はいるの?ファミリヒストリー

おはようからこんばんは!オモナガです(^-^)

1人1人が違った人生を送るのは当たり前ですが、

家族も一様々な形がありますよね。

テレビ番組で取り上げられる有名人は、

特にユニークな家庭が多いな~と思うことがあります(*‘∀‘)

2020年2月24日に放送されるファミリーヒストリーでは、

一流ピアニストのフジコヘミングさんが出演です!

どうやら相当の苦労人だったようです。

どのような両親や兄弟と一緒に人生を歩まれてきたのか?

気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

フジコヘミングの父親はどんな人?

フジコヘミングの父親はロシア系のスウェーデン人

名前はゲオルギー・ヘミングさんです。

スウェーデン王族の弁護士の父親のもとで育ち、

大学卒業後は映画スタジオのグラフィック部門で働いていたんですね!

フジコヘミングさんの母親と結婚後、

ヒトラー政権が誕生するタイミングで日本に移住した過去がありますが、

上手くやっていけずにスウェーデンへ帰国。

その後、建築家として建築事務所を構えて働いていたようです。

ヒトラー政権というと戦争が起きた頃ですね。

私も母国語が通じない遠い国で暮らすというのは、

どうも考えが及ばないですね(;’∀’)

当時の日本は外国人が住みにくいところしかなく、

ゲオルギー・ヘミングさんは、

帰国せざるおえないほど追いつめられたようです。

海外の旅行は一度体験したことがありますが、

遊ぶと暮らすとでは次元が違いすぎるかなと思います。

スポンサードリンク

フジコヘミングの母親はどんな人?

フジコヘミングさんの母親は日本人

名前は大月投綱子(とあこ)さんでピアニストでした。

【大月投網子さんとゲオルギー・ヘミングさんの画像】

出典:https://www.ocean-note.com/

大阪の裕福な家で生まれ、ピアノを学んで東京音楽学校を卒業。

ベルリン音楽大学に留学してレオニード・クロツァーに師事しました。

このレオニード・クロツァーさんもヒトラー政権時に

大月投網子さんの説得により日本に移住しています。

そして、フジコヘミングさんが師事した方にもなるんですね!

その後、ゲオルギー・ヘミングさんと出会い結婚されました。

ゲオルギー・ヘミングさんと大月投網子さんは

裕福な家庭同士の結婚だったんですね!

ところでピアノやバイオリンの音楽をやっている方は、

裕福な方が多いイメージなのは私だけでしょうか。

生き方もとても豊かなイメージもありますね(*‘∀‘)

性格について

大月投網子さんは気性がはげしく、

何でも思い通りにならないと気が済まない性格だったようです。

フジコヘミングさんにピアノを教えたのは当時5歳の頃。

とんでもなくスパルタ式の練習方法をされてきて、

攻撃的な言葉を投げかけ続けてきたそうです。

こちら、その攻撃的な言葉の一文になります。

【大月投網子の攻撃的な言葉引用】

 「まだ、できないの。どうしてこんなこともできないのよ」

「いつになったら、おまえはちゃんと弾けるようになるの」

「遊ぶことばかり考えているんじゃあないよ。もっと弾きなさい」

「今日は練習をどのくらいしたの。さぼったら、承知しないからね」

引用:https://jyuunintoiro634.blog.fc2.com/

今は言葉のパワハラというものがありますが、

まさにそれを毎日受けてきたんですね(;’∀’)

オモナガはヘタレなので、

このような毎日ならうつ病になってしまうかなと思います…

スポンサードリンク

フジコヘミングの兄弟は?

フジコヘミングには弟の大月ウルフさんがいます。

日本の俳優で、日本名は大月良雄(よしお)さんなんですね!

【大月ウルフ画像】

出典:https://matome.naver.jp/

2020年2月現在の年齢は85歳。

中学の頃から舞台など演劇をしていて、

幼少期から俳優を目指していました。

2015年には仮面ライダードライブの

ハーレー・ヘンドリクソン博士役をやっていて、

現役バリバリで働いてるんですね!

フジコ・ヘミングさんと大月ウルフさんは、

揃って素晴らしい才能の姉弟でした(^-^)

詳しいことが気になる方は、

ウィキペディアを参照してみてくださいね(^-^)

ファミリーヒストリーについて

ファミリーヒストリーでは、

壮絶なフジコヘミングさんと母親の

二人三脚について語られるようですね!

【ファミリーヒストリー予告】

ピアニスト、フジコ・ヘミングさんは

日本人の母とスウェーデン人の父との間に生まれた。

ドイツで暮らしていた一家は、

第二次世界大戦の前、日本にやってきた。

しかしまもなく、両親は不仲になり、父は一人、日本を離れた。

戦後、母はフジコさんをピアニストにしようと、

女手ひとつで懸命に働く。

しかし母は、フジコさんが成功をする姿を見ることなく、亡くなった。

フジコさんが弾くピアノの音色と共に壮絶な歳月が浮かび上がる

引用:https://tv.yahoo.co.jp/

壮絶な物語が聞ける予感です(^-^)

番組が楽しみですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする