大学生がお菓子の箱の立体アートがバズった!経歴や大学、作品の画像と動画は?【ソノサキ】

おはようからこんばんは!オモナガです。

ポテトチップスの筒上の箱やティッシュ箱など

空箱がなんか勿体ないと感じながらも、捨てる方が

多いんじゃないかと思います。そんな中、

このような空箱を使って立体アートを手掛けている大学生

12/25(火)放送の【ソノサキ】に出演されるんですね。

この空箱の立体アート作品の動画がバズって、SNSでは

とても話題になったそうなので、私も興味を持ちました。

なので、経歴や作品の画像と動画など調べてみました。

みなさんも興味を持って頂けたら嬉しいです(^^)/

スポンサードリンク

もくじ

お菓子箱の立体アート作品でバズった大学生の経歴

お菓子箱の立体アート作品でバズった大学生の大学とは?

バズったお菓子箱の立体アート作品の画像と動画は?

お菓子箱の立体アート作品でバズった大学生の経歴


出典:https://twitter.com

プロフィール

名 前 河口 晴季(かわぐち はるき)

年 齢 21歳

性 別 男

お菓子箱の立体アート作品を手掛けてるのは、

弱冠21歳の河口晴季さんだったんですね!

とても細かい作業をしている作品が多いので、驚きでした。

お菓子箱の立体アート作品ペーパークラフトと呼ばれる

紙の模型作品です。河口晴季さんは、製作には10時間~15時間

要するとの事で、細部までこだわっている感じがしますね!

河口晴季さんが立体アート作品をはじめたきっかけ

河口晴季さんは、幼少期にNHKの『つくってあそぼ』

を観て、わくわくさんに憧れたそうです!

そこから、紙工作ばかりするようになったとか!

私も子供の頃観ていましたが、面白い番組でした!

ゴロリとわくわくさんが楽しく紙工作をしていたので、

私も真似した頃もありました。影響されたのも分かります(笑)

お菓子箱の立体アート作品でバズった大学生の大学とは?

河口晴季さんは、兵庫県の神戸芸術工科大学

3年生です。デザイナーやクリエイターなどの養成や

研究を行っている学校で、お菓子箱の立体アート

するための環境に適していますね!有名人では、

『あずまんが大王』や『よつばと!』の漫画家、

あずまきよひこさんが卒業生にいます。

バズったお菓子箱の立体アート作品の画像や動画は?

河口晴季さんのバズった作品の画像と動画をご覧ください。


出典:https://www.oricon.co.jp

ポテトチップスのプリングルスですね!

顔が大きいので、すごい存在感ですw


出典:https://www.oricon.co.jp

世界的に有名なカードゲーム「遊戯王」の

キャラクター「青眼の白龍」ですね!

この作品へのこだわりがすごく伝わります…

とても紙とは思えない立体感ですね!


出典:https://www.oricon.co.jp

総数60の駆動関節重ねがけの、人体ポーズがとれる

完全関節サイボーグだそうです!ヤバいですw

個人的にデザインも好みなので、ヤバイです!(語彙力…)

こちら実際に作っている様子の動画です。

※約2分半の動画になります。

全て頭の中で感覚でつくっているんですね!

1時間弱という短い時間でこれだけの作品は

確かに、紙ワザならぬ神ワザですね(;’∀’)

バズったお菓子箱の立体アート作品についてまとめ

バズったお菓子箱の立体アート作品のまとめ

  • バズった作品は弱冠21歳の河口晴季さんの作品でした。
  • 河口晴季さんは神戸芸術工科大学でした。
  • バズった作品のクオリティは恐ろしく高いものでした…個人的には関節サイボーグがよかったです(´∀`)

河口晴季さんは、お仕事の依頼をツイッター経由で

受けているそうです!これだけの作品の数々なら

充分色々な仕事になりそうですね!これからも

すごい作品が出来るのを楽しみにしています!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする