青柳貴史が硯を生み出すクレイジージャーニー!気になる作品や値段とは?

おはようからこんばんは!オモナガです。

硯とは懐かしい響きです。

中学までは書道の授業で使っていて

日本の学校に通っていた方なら

ある程度は馴染みのあるものですよね。

文字は残念ながら下手くそでしたが汗

2/27放送のクレイジージャーニーでは、

硯を生み出す青柳貴史さんが出演されます。

何でも『硯作りの貴公子』とも呼ばれているそうで

硯界隈では有名な方のようですね!

青柳貴史さんについて

気になる情報を調べてまとめてみました。

是非、興味を持って頂けたら嬉しいです!

スポンサードリンク

青柳貴史さんのwikiプロフィール

出典:https://thetv.jp/

名前 青柳貴史(あおやぎたかし)

生年月日 1979年

出身 東京

職業 製硯師(せいけんし)

趣味 ガンプラ

『硯作りの貴公子』と言われてるだけあって

イケメンの方ですよね^^

現在39歳の青柳貴史さん。

製硯師とは、オーダーメイドの硯製作から

修理、復元まで行う硯屋さんのことなのだそう。

出典:http://houkendo.co.jp/

昭和14年創業の書道用具専門店「宝研堂」。

青柳貴史さんは製硯師の4代目であり

日本唯一の継承者なんだとか!

様々な作品は国内外で評価され

世界中にファンを持つとの事です。

青柳貴史が常に考えることは

硯でいっぱいとのことで

まさに職人の鏡です。

硯や書道の道具販売のみならず

個展や毛筆文化について

情報を発信してるんですね!

こちら、青柳貴史さんが、

硯作りをしている動画になります。

青柳貴史さんの気になる作品とは?

こちら、青柳貴史さんの

気になる作品になります。

出典:https://www.instagram.com/

端渓坑仔岩挿手硯という作品で

こちら清朝中後期の作例とのことです。

両手で抱えるほど大きな硯で

シンプルな印象がありますね。

出典:https://www.instagram.com/

こちら卵様硯の中サイズです。

インスタでは、小・中・大と

3兄弟ありましたが、

形が似ているので1点だけ

この記事で紹介です。

丸型の硯というのは

見たことがないかもしれませんね。

青柳さんの作品は、

インスタにて情報公開されています。

気になる情報や作品を発信しているので、

気軽に覗いてみてください。

以下のIDになります。

InstagramID:seikenshi_official

スポンサードリンク

青柳貴史さんの作品の値段とは?

青柳貴史さんが運営する宝研堂では、

手軽に携行出来る野筆セット8,500円(+税)をはじめ

墨、筆、硯、紙を販売しています。

東京にお店がありますので、

気になる方は立ち寄ってみてください。

以下、住所とHPになります。

宝研堂

〒111-0042

東京都  台東区寿 4丁目-1-11

03-3844-2976

定休日:第2,4,5日曜 祝日

営業:9:00~18:00(月~土)/10:00~17:00(第1、3日)

HP:http://houkendo.co.jp/index.html

スポンサードリンク

青柳貴史さんについてのまとめ

青柳貴史さんについて

調べた情報は以上になります。まとめです。

青柳貴史さんは、

宝研堂の4代目で

日本唯一の製硯師です。

書道の道具販売のみならず

個展や毛筆文化について

情報発信もしています。

Instagramも是非ご覧ください。

クレイジージャーニーでは

世界一有名な石を扱うとのことなので、

面白そうな内容ですね^^

テレビを是非ご覧になってみてください。

最後まで読んで頂き、

ありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする