雨宮正欣(元科捜研)はかつらじゃなかった!大学やプロフィールについて紹介!娘は萌果と判明!【じっくり聞いタロウ】

おはようからこんばんは!オモナガです。

報道番組で奇抜な髪型で話題になった

元科捜研雨宮正欣さんが

12/13(木)に放送されるテレ東の番組

じっくり聞いタロウに出演されます。

私の中で科捜研といったら、

沢口靖子さん主演ドラマ科捜研の女が浮かびますね!

現実離れというかどこか遠い存在のようなイメージです。

なので、バラエティやテレビによく出演する

雨宮正欣さんについて色々調べてみました。

興味を持って頂けたら幸いです。

スポンサードリンク

雨宮正欣さんのプロフィール


出典:https://matome.naver.jp

名 前  雨宮 正欣(あめみや まさよし)

出 身  東京生まれ

趣 味  香港の街めぐり・飲茶で20回以上渡航。

アイルランドやスコットランドに行き、ケルト文学に興味がある。

学 歴

星薬科大学薬学部薬学部大学院博士前期課程終了 

北里大学医療衛生学部法科学研究室で学術博士取得

職 業  法科学研究センター所長、学術博士、薬剤師

なんか写真の髪型に目がいってしまってすみません…

ところで、流石は元科捜研の方ですね!

学歴が難解な古文書のように見えてきたのは

私だけでしょうかw

趣味もお茶を飲むために香港へ行くなど

こういう趣味を持てばフサフサになるのでしょうか…

そいえば、名前のって珍しい漢字ですよね。

単体の意味では「喜ぶ」だそうです。

こいう漢字ってなかなか覚えられないんですよね(;’∀’)

雨宮正欣さんは、ツイッターをやってるようなので、

こちらも注目してみてください!

雨宮正欣さんの過去の経歴とは?

雨宮正欣さんは、学術博士を取得した北里大学で

研究所常勤講師で働いていました。

次に、元埼玉県警察本部刑事部で

科学捜査研究所乱用薬物科、つまり科捜研で

23年間働いていたんですね!

勤続23年同じところで働くだけでも、

転職が当たり前な時代の最近では

かなり凄い事じゃないかと思います。

雨宮正欣さんは、覚せい剤や大麻など乱用薬物の鑑定を

5000件以上、法廷での証人尋問も多数経験されています。

乱用薬物を知り尽くした超スペシャリストな訳ですね!

雨宮正欣さんのような方たちのおかげで今の日本は

治安を維持できてるんですね。頭が下がります…

雨宮正欣さんは覚せい剤の鑑定法の確立により

警察庁長官賞詞を受賞されました。

そいえば科捜研とは?

私自身、疑問を持ったので簡単にまとめました!

科捜研とは、警察の刑事部に設置される付属機関。

科学捜査研究所の略で科捜研だそうです。

業務は法医分野、心理学分野、文書分野、物理学分野、

化学分野、研究開発のあるそうで、そこからさらに

専門分野で細分化されてるようですね。

雨宮正欣さんは、その中の化学分野を担当していたようです。

雨宮まさよしさんがかつらじゃなかった証拠はこちら

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする